.

舞姫事件

4/15 声の優れた俳優によるドラマリーディング 日本文学名作選 第六弾舞姫事件-鴎外輪舞曲-」

18:00開演 出演 斉藤壮馬 八代拓 田所あずさ 内田彩

 

 

朗読劇は10/17銀河鉄道の夜ぶりでした。

今回の舞姫事件、斉藤壮馬の朗読劇史上最高の舞台でした。

その理由を書き綴りたいと思う。

 

理由①

 

というのも私の席がめちゃくちゃ良かった。最上手最前。ここを私は

 

Special Super Saito Soma Seat

 

と呼びたい。

私のために用意された席だ。5S

 

ステージにはセットが組まれており、45段の入り組んだ階段状になっている。

1番下 下手にベンチ、上手に小さな段差

2段目 中央にスタンドマイク、上手に仕立ての良い椅子、サイドボード、レトロな街灯風ランプ

3段目 下手側のみマイクと椅子

たしかこんな感じ。ステージ頭上のライトも大正ロマンなランプになっていて、凝った装飾だった。

 

さて、5Sの話に戻ろう。

とにかくそうまさんは上手にいた。定位置に座っているだけでよく見えた。

何しろこの日は前髪が右分けだったしね!!!

 

物語中盤、ヒロインを思い視線を彷徨わせるシーン(だったような気がする)で目が合いました。

物語終盤、その時は来た。

最上手の少し段になったところに歩いて来て腰掛け(座る時骨の鳴る音がした)、川べりに座りながら過去のヒロインに想いを馳せるというシーン、セリフがない間、目が合いましたとかのレベルじゃない、

 

そうまさんの前には私しかいなかった、

 

と言ったほうが正しい。朗読の合間に視線を客席に落とすのはいつもやっている手法だ。

 

これまでの朗読劇、リリイベの朗読もこれまで何回もそんな場に立ち会ったことがある。

だかしかしそんなものは比でなかった………

 

そうまさんの前には私しかいなかったのだ。

 

ほかのファンにいつ刺されてもおかしくない我が人生に一片の悔いなし。

 

 

 

理由②森鴎外斉藤壮馬の親和性

 

何故私がこれを文章にしようと思ったのか。

それはこの朗読劇の中の斉藤壮馬あまりにも美しかったからだ。

 

明治大正をイメージした舞台セットに衣装、全てが役に入るそうまさんを「それ」にしていた。

 

留学中にエリスという踊り子と恋に落ちるが家のため、その性格のため、昇進のため、日本に帰る選択をする主人公はその苦悩を一生背負い続けることになる。

 

ラストは森鴎外の短編「普請中」を実際の森鴎外とエリスに見立てて演じられた。

結ばれない2人は日本の普請中(建築中、修繕中の)レストランで会食をする。

女がキスを求めても「ここは日本だ」と男は受け入れない。

「日本はまだ普請中なのだ」とBGMに「エリーゼのために」が流れて終わる。

 

この物語を時代が阻んだ悲恋ととるか、留学中の気の迷いからの愚かな恋ととるかは解釈によるだろうが、物語に入り込み、ここまで心に迫る物語を朗読で感じられたことが信じられない。

 

それを可能にしたのはいつも以上に入り込んだ演技だった。

集中力と体力を要する舞台だった。

 

エリス役の田所あずささんもとても可愛らしく、美人だった。白いワンピースがドイツで出会う悲しげな少女にぴったりだった。

 

儚く短いラブロマンスの物語パートはハラハラしてしまった。自分の中にこんな感情があるのかと思い知らされた。

そうまさんが「声優」でよかった

これが「朗読劇」でよかった。

そんなことを思うくらい素敵だった。

 

森鴎外の、俗世からは逃れられない人間味と故に思い悩む様はそうまさんの持つ哀愁とぴったりだった。

この朗読劇の楽日に選ばれた理由だと私は思う。

 

 

 

 

 

 

声優・斉藤壮馬の魅力を余すことなく感じられた朗読劇は私の中でひとつのターニングポイントになった。

 

どんどん夢を叶えて現実にしていく姿は私を奮い立たせる。私も夢を叶えていきたい。

そんな風に思わせてくれる存在になりました。

 

 

 

 

 

 

4/22 

27歳のお誕生日おめでとうございます。

 

これからもその「言葉の力」で世界を変えていって下さい。陰ながら応援しています。

大好きです。

 

 

杏理

 

 

S.Q.P

2017年7月16日 S.Q.P 2017 SUMMER

梅雨とは思えない夏空の下、暑い熱い2日間が始まったのである。

正確にはライブは1日しかないが、物販からその熱気は、(斉藤壮馬を育てた)山梨の地にいても感じ取れた。

昼過ぎには完売が出始める物販、イラストの沙月さんやシナリオの関さん、はたまた出演者の江口拓也さんのツイートが前日から最高の1日を予感させていた。

 

 

☆~記憶が曖昧なので昼夜一度に書きます~☆

会場の気合は十分。360度のステージには今か今かと8人を待ちわびる空気が流れていた。

私の席は昼の部は向正面、花道(?)の真上にあるような端のマス席だった。

いつものハイクオリティなOP映像と共にその祭りは幕を開けた。

 

KARA DA KARA

ライブの初っ端はこれかな…と予想していたのだが、現実にKARA DA KARA が流れるとボルテージは一気に上がった。生KARAは初めてライブでやったとは思えないほど、一体感があった。

 

HIKARI

ソリ上がった空気にQUELLが登場する。それぞれの歌いだしに歓声が上がる。

しっとりした曲だが、CDできくより熱があった。

 

最初の挨拶が終わり、「最初といえば…ねぇ…?」という空気でステージにおいていかれる志季もとい江口さん。最初からソロなの…?!どれ歌うの!?といきなりのソロパートに緊張する。

 

Tide-光の射す方へ-(志季ソロ)

一面の紫。どの出演者もそうだったのだが、そこにはスタンドマイクで歌う志季がいた。1番と2番で向きを変え、私が大好きなCメロを迎える。マイクエフェクトが楽しい1曲だった。

 

Canaria-消えゆく空に-(翼ソロ)

安心安定の翼。ステージにダンサーさんが対局にいたのが印象的だった。

昼の部は正直あまり記憶がない。

 

End of Night(柊羽ソロ)

武内駿輔withBばりに''バックダンサーを従えている’’感がすごかった。

会場の煽りとリズム感、柊羽さんの風格・存在感、、、納得のひとことである。

 

星空(壱星)

昼の部はキンブレの色にみんな迷って最初赤が多かったのだが、私も隣にいる友人に聞いて青にした(笑)フル未発表だったが、高音がきれいな1曲だった。

生でこの高音だすの大変そうだなぁ…と感じた。双子はファルセット出さなきゃ死んじゃう病気なの?

 

そりらじ&くべらじ

基本的にこれは、顔のいい男の子たちが仲良くしてるのを見守るラジオなので、CDきいて声にならない萌えを大きな会場で共有するスケアならではの空間じゃないかと思っている。

ステージに机と椅子が用意される。(なぜか)叩いて被ってじゃんけんポンでもするのかと思ったらラジオコーナーだった。360度ステージだと向かい合うのか…!と胸アツだった。

「他人に勝てないのは不幸自慢くらい」な、翼くんでもできないことはありますか?っておたよりに対して、「みんなの中から一人を選ぶこと」って答えちゃう奥井翼、、、、。できないことをネガティブにとらえるのではなく、ファンに対して愛を伝える場にしてしまう天才。みんなの奥井翼。最近の翼クンは王子感を出すから私までも夢を見るようになってしまった。この質問で私は奥井翼が最推しになった気がする。

質問者GJ!

ここであの議題です。

 

奥井翼が斉藤壮馬を引き出しているのか

斉藤壮馬が奥井翼を引き出しているのか。

 

どっちもなんだろうな・・・・、、、

 

夜の部では「~~だよね、ダーリン」ってセリフで会場が沸いてどうして沸いたのか「??」ってなった翼が言い直したのがベストオブKAWAIIかったな。合わせて志季もハニーって言い直してたし…ダーリンハニーは日常会話だから、なんで沸いたなのかわかんなかったんだよね????

 

Good Night My Darling(里津花ソロ) 

花江くんが曲名をいったとき、まさかこれをやるとは思わず、どちらかというとセリフに聴こえて、イントロが聴こえて感動した人も多いだろう。ずっと好きだと言っていたこの曲がやれてよかったね…花江くん…

 

人生ハードモード(大ソロ)

ダンサーさんと登場してまさかのタオル曲・・・・・・!!!!

この曲がだいぶ好きなので非常に楽しかったです。はい。

大ちゃんがタオル曲という事実がとても素敵。端っこの席だったので回しまくりました。

 

紅く染まる空(壱流)

いま気づいたんだが、いっちーもいっせーも曲名に空が入ってるのか…

とにかく野上さんの髪型がかわいかった!!!!短い前髪に編みこみ…!!

いっちーもとにかく高音が、すご

今回のスケパで野上さんのキャラもだいぶいっちーみたいに愛されキャラだということがわかってさら壱流が愛しくなりました。

 

虹(英知ソロ)

初公開の英知ソロ曲。ぴょんぴょんする西山さん、英知くんにぴったりのかわいい曲でした。ステージが虹色になるのいちばん演出できれいだったな。

昼の部ではよくわからなかったけど、夜の部でちゃんと聴いてみたらラストにメンバーの名前を歌っているのがなんともグっときたよね。。。

 

 

東京LOVEジャンキー

待ちに待った東京LOVEジャンキーである。この曲を最初にきいたときから「これはヤバい!!」と思ったシャブである。ツキ。界隈においても私個人にとっても思い出深い曲だ。(勝手に)4人の個性が爆発し、それぞれのパートで目が離せない。

コーレスが楽しすぎた。

たしかこの曲のときだったと思うが、2番あたりでそうまさんが私の目の前でわりと長く歌っていた気がする。すべてはこの日のためだったのか…と思えるくらい素晴らしい時だった。

 

蒼い水

武内くんの合いの手がいっつもオサレでねぇ…!!タオルまわした気がする。

 

MC

昼はSolidS、夜はQUELLの歓声撮りがとても楽しかったし、2秒だけ公開されたぬるぬる動くSolidS・・・SolidSも踊ってしまうのか…

プロアニに参加できるというのはとてもうれしい。愛を持って応援した分だけ返してくれるツキプロはとっても気持ちがいい。

 

SEXY☆SENSE

これもコーレスが楽しい1曲だった。

 

 

友人たちも言っていたが、演者の投げかけが100%キマっていて、キャラとのシンクロ質が半端なかった。こちらが求めるもの、演者の演出、すべてがカチっとハマっていて、ここが2.5次元か…と感じた。

スケアは本当に演者の仲の良さがコンテンツを盛り上げるひとつの要素になっている。

集まるべくして集まった8人だと思う。

 

総じて素晴らしい1日だった。ドラマCDをきいていたころから考えると、ライブをやって、イベントをやって、アニメ化が決まり、ライブをやって、着実に大きくなってゆくさまを見るのは半分信じられないような気持ちになる。

 

もっともっと、SolidSは世に出るべきだ。

だってこんな素敵なメンバーが愛されないわけがない。

みんな好きになってしまうだろう。

目指すはハリウッド!翼クンがそう言っていたように。

 

 

 

ほかにもいろいろ思うことがあるが、今日はここまでにしておこう。

また加筆するかもしれない。

 

 

今日も明日もそりくべっていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私から見た12星座

以前、私から見た12星座のキャラクターについて書いたところ、TLの皆様にご好評頂いたので、あらためて書いてみようと思う。

 

さっそく私についてだが、私は占いが好きなだけであって占い術は持っていない。しかし、某きのこ先生や、ご飯のお供先生の占いを読むうちに、私がそれぞれの星座のまわりの人たちのイメージにぴったりハマる、、、という感覚を覚えた。

これから書くのはあくまでも私の所感と考察であり、太陽星座を牡羊座、月星座を獅子座に持つ私から見た各星座の性質であるということを念頭に置いてほしい。(わかるひとにはわかると思うが、このイケイケどんどんな星の元に生まれた性格も察してほしい)

そして私はまわりにいるひとを基準に書くのでたくさん書ける星座とそうでない星座があるのはご理解頂きたい。

 

 

 

牡羊座

まずは同じ牡羊座について。

彼らは大人っぽい。大丈夫だろうな、という雰囲気を出しながら実は影で努力していることを知っている。同志。

 

牡牛座

この人たちは牡羊座と同じで大丈夫そう、しっかりしてそうに見えるが、ところがどっこい、舵を切らないと意外と周りが見えていなことが多いの要注意だ。彼らに任せてはいけない。

 

 

双子座

私は昔から双子座の友人が必ず近くにいる気がする。言うなれば悪友。やろうぜ!って言うと、次の瞬間には「これも必要らしいよ」と前情報を補ってくれる。行動力がある。

 

蟹座

現実主義の空想家。いつも夢を語る。

それが現実になるかどうかはあまりわからないが、いつもキラキラしてるからそれを聞くのは楽しい。わりと慎重でもある。

 

獅子座

情報求む

 

 

 乙女座

 私がピンチのとき、甘やかしてくれる存在である。いつもは一緒にいないけれど、頼れば手を差しのべてくれる。私はそれに甘えて生きている。

 

 天秤座

蠍座

情報求む 

 

 射手座

双子座に続いて私のまわりになんかいることが多い星座だ。彼らも自分の目指すべき方向を見て生きているので(世界は違えど)認めあえるのだろう。

 

山羊座

情報求む

 

水瓶座

深く付き合うと面白い。へん。

独自ルールで生きている。人畜無害だが、なんかへん。だから面白い。

 

魚座

大変申し訳ないが、子供っぽいと感じてしまい、ちょっと苦手。大人になれ?って思うのは私だけかい?

 

 

 

 

 

書いてから気付いたのだが、赤丸が私がよくわかる(よく付き合う)星座で、青丸が私がよくわからない(これから出会いたい)星座なのだ。


f:id:anzuchan0422:20170702182140j:image

 なるほど類友、と納得した。

たしかにプラス思考ケセラセラだなぁ。と。

 

 

 

もしこれを読んで「私とも遊んでるのに書いてくれてない💢」というひとがいたら、もっと私を誘ってほしい。

 

まだ仲良くなれる余地があるということだから。